オルゴールが認知症予防に効果的との報道

2018年3月25日に放映されたTBS「健康カプセル!ゲンキの時間」の中で白澤医師が「オルゴールが認知症予防に効果的」という内容を語りました。
日本音響研究所で調べたところ、オルゴールには安いもの(18弁)でも人間の耳には聞こえない高周波音が含まれていたそうです。

長寿研究のスペシャリスト!お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生に教えていただいたのは、オルゴールを使った認知症予防法です。

脳の両サイドにある側頭葉は、記憶と深く関連している部分。側頭葉の機能が低下すると認知症を招いてしまいます。そんな側頭葉に刺激を与えるのがオルゴールの音色です。側頭葉の聴覚野という部分を強く刺激するため、機能低下の予防に繋がるのだとか。オルゴールの音色が良いとされるのは、人の耳には聞こえない高周波数の音が聴覚野を刺激するから。聞こえなくても、空気の振動が伝わる事で側頭葉に良い刺激を与えてくれるのです。同じオルゴールの音でもCDだと、人間の耳に聞こえない2万ヘルツ以上の音は収録できません。お手頃サイズのオルゴールでも十分な効果があるそうなので、手軽な認知症予防としてぜひお試しください!

TBSホームページより

18弁にも癒し効果(高周波音効果)が期待できるようです。

ご興味のある方は、合わせてオルゴール療法・高周波音効果のページもお読みください。